Binanceのレンディングで老後2000万問題解決!

 

Binanceは「世界一の取引高を誇る取引所」と言うことはお分かりの方も多いと思います。

 

年間数千億円も利益を上げているBinanceが、様々な高配当サービスを続々発表しています。

 

充分に利益が上がる取引所ではありますが、ユーザーに取引以外のサービスを提供することで、新しいユーザーを獲得・既存ユーザーを囲い込むことを目指しています。

 

その為には、他の取引所には無いサービスが必要です。

 

今回紹介するのは、そんなお得なサービスの中から仮想通貨を預けて資産を増やせるレンディングサービスです。

 

レンディング(ファンディング)サービス

 

レンディング(ファンディング)サービスは「老後2000万円を貯める必要がある」と金融庁・政府が発表したこと、又は比較的安全に資産を増やすことができるとされている投資方法の1つであることから人気が高まっています。

 

今までの投資は、株や不動産・投資信託・太陽光発電など様々でした。

 

ところが、昨今頻繁にセミナーが開かれている不動産投資は「毎月赤字で運用し最後に現物が残る」と言う運用が多く、資金が乏しい方には向きませんしし、資金を豊富にお持ちの方でもおススメできません。

 

比較的安全な投資と言われている投資信託は、専門家に委託しても当たり外れが激しく、実際管理者が5年間運用し15%程資産を減らしました

 

太陽光発電を行っている友人も見えますが、1000万・2000万のローンを組んで始めても、10年間はほとんど利益が無く(マイナスの月もある)残りの5年間の売上だけが儲けになる程度で、10年後法改正(法改正は必ず行われます)が行われているとほとんど残らない可能性もあります。

 

どれもこれも、大きな資産を持ち「たとえ年2〜3%程(1億運用すれば、年間200万円〜300万円になるv)でも増えればよい」と考えられる方にしか向きません。

 

そんな投資の現状でありながら「老後2000万円を貯める必要がある」と言う問題を解決するためにも、日本人各人が投資を学ぶ必要性が高まっています。

 

今回紹介するレンディング(ファンディング)サービスは、1万円から参加できるので、実践運用しながら投資を学習できます。

 

余談ですが、前回紹介したBinanceのステーキングも資産を増やす1つの手段として取り入れることをおススメしておきます。

 

 

ステーキングとレンディングの違いは?

 

Binanceのステーキングレンディング(ファンディング)サービスの違いは?

 

ステーキングはアルトコイン(草コイン)が主で、報酬に加え思わぬ高騰の可能性があります。

 

レンディング(ファンディング)は、ビットコイン・アルトコイン(主要コイン)が主で、安定している通貨の運用です。

 

※特に既にコインをお持ちの方なら、他のウォレットや取引所で保管しているより、Binanceのサービスを活用するメリットは多大だと言えます。

 

※これから仮想通貨を始める初心者の方でも、仮想通貨を購入したがタダ保管していると言う方は、是非Binanceに送金し保管することをおススメします。

 

Binanceのレンディングサービスを運用する手順

 

Binanceの口座開設

 

Binanceの口座をお持ちでない方は、口座開設から始めて下さい、お持ちの方はスルーしてください。

 

Binance公式登録ページ⇒こちらから

 

クラウドマイニング,Hashing24,ハッシング24

 

※スマホから登録される方は、こちらのQRコードからどうぞ。

 

また、Binanceは日本円を送金することができません、事前に国内の仮想通貨取引所の口座を開設しビットコイン(取引ペアが多いのでおススメ)を購入し送金する必要があります。

 

国内の取引所を開設するならおススメ⇒GMOインターネットグループの【GMOコイン】

 

仮想通貨の準備ができ、Binanceの口座を開設しましたらさっそくレンディングサービスを利用しましょう(送金方法も解説します)。

 

Binanceレンディングサービスを運用手順

 

Binanceのレンディング運用方法

 

ログイン後「Exchange」→「Lending

 

Binanceのレンディングサービスは、USDT・USDCなどステーグルコイン以外は殆ど数分で募集が終了してしまいますが、毎週新しいサービスが始まりますので、あなたが確認した時に募集が行われていなくても、数日で新しいレンディングサービスの募集が始まります(2019年9月現在)ので、少しお待ちください。

 

Binanceのレンディング運用方法

 

レンディングの募集が始まると、画像のようにカウントダウンが表示されています。

 

View More」ですべての募集を確認できます。

 

Binanceのレンディング運用方法

 

Subscribe

 

Binanceのレンディング運用方法

 

LotSize」を確認→購入するロット数を入力→利用規約に「チェック」を入れ「Confirm purchase」と進みます。

 

申し訳ありませんが、2度チャレンジしましたが数分で終了してしまい購入に間に合いませんでしたので、ここまでしか解説できません。

 

このサービスの最初の募集は2019-08-28でした、2回目は2019-09-04・3回目2019-09-11に行われ、毎週金曜日15:00に募集を開始しています。

 

次回も近日中に募集を発表すると思われますので、何とか参加できるように待機したいと思います。

 

実際に購入できましたら続きを解説しますが、ここまで解説した後はそれほど難しい手順は無いと思いますので、参加できる方は参加してみて下さい。

 

Binanceのレンディングを運用できるコイン

 

Binanceのレンディングサービスは、以下のコインで利用可能です。

 

2019-08-28募集コイン

 

USDT 14 Days (10%)
ETC 14 Days (7%)
BNB 14 Days (15%)

 

2019-09-04募集コイン

 

USDT 28 Days (8.25%)
USDT 14 Days (8%)
ETH 14 Days (6%)
ETC 14 Days (7%)
BTC 28 Days (3.25%)
BTC 14 Days (3%)
BNB 28 Days (10%)
ADA 14 Days (6%)

 

2019-09-11募集コイン

 

XRP 14 Days (7%)
LTC 14 Days (7%)
ETC 14 Days (7%)
BNB 14 Days (10%)
USDC 14 Days (7%)

 

となっています、これらのコインをお持ちなら、今すぐBinanceに移動させKYC(KYCが完了していないと運用できません)を完了させておいてください。

 

また、毎回新しいコインが追加されているのがお分かりかと思います、その都度確認し、Binanceに移動しておきましょう。

 

最後に

 

レンディング(ファンディング)サービスの現状

 

Binanceのレンディングサービスは、仮想通貨を預けることはお分かり頂けましたね。

 

実は、日本においてもソーシャルレンディング(クラウドファンディング)を取り扱う企業が増えています。

 

サービス内容は、国内不動産・海外不動産・国内中古不動産など多種多様で、それぞれ独自の買い付け&売却で利益を上げています。

 

仮想通貨に興味が無い方も、Binanceのレンディングサービスだけでなく、国内のサービス(SBIソーシャルレンディング・FANTASファンディング)も、募集が始まっても数分で売り切れるほどの人気です。

 

国内のソーシャルレンディング(クラウドファンディング)1万円からBinanceのレンディングサービス数千円から始めることが可能です。

 

是非、この機会にソーシャルレンディング(クラウドファンディング)に参加されることをおススメしておきます。

 

おススメクラウドファンディング

 

FANTASファンディング⇒不動産投資型クラウドファンディング

 

 

SAMURAI⇒クラウドファンディングはじめるなら!【SAMURAI証券】

 

 

ポイントサイト経由で更にお得に運用

 

国内のサービスは、ポイントサイト経由で登録すると〜4,000円程のポイントが貰えるサービスも多いので、実質運用額を引き下げることができます。

 

まだポイントサイトに登録していない方は、登録後サイトにて検索してみて下さい。

 

おススメするポイントサイト

 

モッピー公式登録ページ⇒こちらから

 

ちょびリッチ公式登録ページ⇒こちらから

 

Tadacoin公式登録ページ⇒こちらから

 

SBIソーシャルレンディングFANTASファンディング以外にも登録できるサービスがあります、各企業が行う運用先は様々ですので、是非登録して確認してみて下さい。

 

ポントサイトに無いサービスを紹介

 

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

 

資産を増やす手段の1つとして、まだまだ仮想通貨全体の評価が低い今、できる限り仮想通貨を集めておくことは、将来の為に重要と考えています。

 

仮想通貨をお持ちの方は少しでも増やす方法を、まだお持ちでない方は是非この機会に仮想通貨を保有してみて下さい。

 

 

 

当サイトが案内するICOや投資案件は結果を保証をするものではありません、運用される場合は自己責任で参加されることをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加   

LINEグループ最新情報配信中!


LINEグループでは、最新の情報(ICO情報・重要事項)が配信されます(不定期)。
友だち追加

LINE ID:@mng0300h


分からない事や質問などありましたら、お気軽にLINEより連絡くださいね。

Sponsored Link

トップへ戻る