2019年最新仮想通貨で市場の価格操作?ICO優良情報の怪しい詐欺事例解説

仮想通貨の価格操作詐欺

仮想通貨のICOで価格操作した詐欺事例を解説

 

仮想通貨をネタに荒稼ぎをされていた方々の多くが去り詐欺・危険な販売が減少しましたが、未だに仮想通貨初心者を相手に(100倍確定・分配・完全放置など)煽りを入れて購入をススメているLINE@やメルマガがあります。

 

基軸となるBTCやETHなどメジャーコインが軒並み暴落している現状では、ICOを行ってもよほど内容の良いプロジェクトでなければ高騰は見込めません。

 

また、新規上場されたICOコインの市場価格を操作するのは簡単です。

 

今回は、私が聞いた市場の価格操作を行うICO詐欺事例を再現し解説しましたので、お読みになりICOを販売する悪質な業者には関わらないよう注意して下さい。

 

1.2018年中盤から2019年にかけての仮想通貨

 

以前から、LINE@やメルマガで「ICOを含む仮想通貨の販売を行っている方には注意して下さい」と言ってきました。

 

もちろん仮想通貨の流れとして、2017年はICOが注目され優良ICOに参加することで数十倍や100倍を超えるICOも多く存在しました。

 

ですが、私は2018年の前半でICOをおススメすることを辞めました。

 

と言うのは、ICOが成功する可能性が極限に低い状況(基軸であるビットコインを始めとするイーサリアムの価格暴落)であったことが大きな原因ですが、この頃からエアドロップで仮想通貨を配布するプロジェクトが増加したことも大きな要因です。

 

・無料で配布する通貨があると言う事は、上場されたときに売り圧力が強くなりやすい。

 

・イーサリアム(ERC20のICO)の価格が暴落するとICOコインの価格も暴落。

 

・利用価値の低いICOプロジェクトが乱立(既に同じ事業内容のコインが上場されているなど)。

 

例:1ETH(100,000円)=10.000枚のコインの場合(1コイン=10円)

 

ここで、1ETHが暴落し10,000円となると、10円で購入したコインの価値は1円となり1/10となってしまいます。

 

ICOコイン自体の価値にも問題はありますが、基軸通貨の価格問題はかなり大きな影響と考えられます。

 

このような現象が2018年中盤から続いています。

 

 

2.ICOコイン上場後の高騰は市場の価格操作

 

今回は、こんなこともできるんですよと言う事例をお伝えします。

 

実際に「市場の価格操作をやっている」と言う声もありますが「詐欺的な販売を行うコインはターゲット」と言う事を忘れないでください。

 

今からお伝えするチャートの推移の場合、市場の価格操作を行っている可能性は高いです。

 

また「ICOがスタートした当初からではなく、ソフトキャップにも届かないICOを利用して販売をしていた」と言う話も聞きました。

 

売れないコイン(プロジェクトに魅力が無い)なら、コイン保有者自体が少ないので市場の価格操作はもっとしやすくなりますね。

 

市場の価格操作は当然違法ですが、取引の監視機能が存在しない仮想通貨の場合いとても簡単に操作できてしまいます。

 

これは、ビットコインやイーサリアムのような取引高が高いメジャーコインでも行われていますが、ICOコインのようなまだ取引額が少ないコインの場合はもっと簡単に市場価格が操作できます。

 

 

2.-1.チャートから見る市場価格の操作事例

 

 

上場直後、USD=4.73まで高騰していますね。

 

 

現在は、USD=0.042348当たりを推移しています。

 

例えば、ICO価格が$0.20だったとすると、最初の画像で約25倍にまで高騰していますが、現在は1/5迄暴落しています。

 

仮にこの高騰が市場の価格操作されたものであったら「高騰確定」などと謳われて購入したコインであっても、この先1/10・1/100に暴落しても誰も文句は言えません(実際チャート上では高騰しています)。

 

高騰しましたよね」と言われれば、言い返すことはできないでしょう。

 

となると恐ろしいのは、このICOに参加された方の中には「本当に高騰したのだから、次にこの人が言うコインを購入してすぐ売り抜こう」と考えてしまう方もいると言う事です。

 

 

2.-2.このくらいの資金で市場価格の操作可能

 

ここで次の画像(上場されて約1ヶ月の推移)を見て頂きたいのですが、最高値を付けた1月11日ですが、24時間のボリュームを見ても$140,765(1400万円)でしかありません。

 

ICOが終了して上場したコインが1日数億円も売買されるのは、よほどの人気コインで無ければ無理です。

 

実際この仮想通貨もランキング800番前後の通貨で、ICOが終了し上場されたばかりのコインは取引高が低いのが現状です。

 

となると、あなたが参加したICOコインは、この通貨より取引高が低いと考えられますね。

 

 

USD=6.13となった時、24時間の取引高はUSD=140,765(1,500万円程)でしかありません。

 

 

USD=1.83の時は、USD=59,748です、

 

この画像を見てどう思われますか?

 

主催者側が操作することは無論違法になりますが、詐欺まがいな手法でICOコインをススメていた方達が「1,500万円程の資金を使い高騰を演出することが可能だ」と言う事がお分かり頂けますね。

 

ところが、よくお考え頂きたいのですが「市場心理」と言うものがあり、高騰を演出すると周りはこのまま高騰が続くと思い資金を投入しやすくなります。

 

もちろん取引所の買い板には、どこまでも高騰するような資金が反映されていたと思われます。

 

この通貨の場合、実際に高騰を始めたのは1週間ほど前で、高騰を演出する側も購入だけでなくある程度上がれば売りも行うので、実際に使う資金は1,000万円も無くてもこのような演出は可能です。

 

現に

 

以下のようなチャート(全て上場直後からの全期間を表示しています)は、ランキング1,000位前後の通貨にはよくあります。

 

 

CoinMarketCapには、2,071このコインがランキング表示されています。

 

1,000以下のコインですと、ランダムにチャートを確認しても、2018年に取引が始まったコインの場合、殆どがこのような推移を示しています。

 

実際に操作しているのかどうかは分かりませんが、操作可能だと言う事には間違いありません。

 

また、悪質な業者が販売を行っていな無い場合は、わざわざプロジェクトの運営がこのような操作をする必要もありませんので、操作していなくてもこのようなチャート推移になってしまいがちです。

 

 

2.-3.市場価格の操作で観られる板とチャート

 

今回紹介する仮想通貨取引所で観られる板とチャートは、実際に市場価格の操作が行われているものではありません。

 

と言うのも、見て頂ければお分かり頂けると思いますが、取引高が低く値動きが殆ど無いコインにありがちな板とチャートです。

 

ですが、このような板とチャートがある程度取引があるコインで起こっているなら「要注意だ!」と言う事を認識しておいてください。

 

 

売りに出されているコインが9に対し、買い注文は44457.35コインあります。

 

となると、買い注文が多いなら「今は買い時だ!」となりますね。

 

特に、0.00001559には39461.88の買い注文が入っています、となれば購入したい方は39461.88より高値で注文を出したくなりますね。

 

例えば、この板がビットコインだとしましょう。

 

0.00001559に160億円分(39461.88X40万)の買い注文が入ってきたら、それより安い価格で買い注文を出していた方はどう思われるでしょうか?

 

当然安く購入したいのは心情ですが「こんなに注文があったら私の買い注文が約定するのは何時になるか分からない、160億円分の買い注文よりちょっと高い買い注文に変更しよう」と言う気持ちになりませんか?

 

このように、数名の買い注文価格が変更されると、160億円分の買い注文はキャンセルされさらに高額の買い注文を見せかけることになります。

 

こうして徐々に取引額を高騰させていくのが市場価格の操作方法です。

 

もちろん、多少は本当に購入されてしまう(想定内)ことになるとは思いますが、市場心理はこのコインが高騰に向け推移していると錯覚するでしょう。

 

次にチャートを見てみましょう。

 

 

代表的な詐欺コインによくあるチャートの動きに、一瞬だけ高騰し最高値を付けるのですがすぐに戻り、以降一切高騰を起こさないと言うチャートです。

 

価格は0.00000593当たりを推移しているにも拘らず一瞬0.00030000あたりまで高騰しています、0.00030000/0.00000593=約50倍となります。

 

まだ市場に認知されていないうちに上場されるのですが。

 

例えば1COIN=1円の場合:私が100円で売り注文を出し、友達に購入してもらうと100倍となりこのようなチャートになることがお分かり頂けますね。

 

全く売れもしない通貨を如何にも高騰したかのように見せかけるのはそれほど難しい事ではないのです(どの通貨にも通用するわけではありません)。

 

 

3.エアドロップで仮想通貨を集める

 

3.-1.仮想通貨宣伝のためのエアドロップ

 

エアドロップはICOを行う企業が配布ことが多く、自社の仮想通貨を認知してもらう為に配布しています。

 

まれに、既に上場され仮想通貨などもキャンペーンで配布されることもあります。

 

例えば、駅前で広告入りのティッシュペーパーを配ったり、デパートなどで試食を行っているのと同じと考えて頂ければと思います。

 

しかし、無料で貰った仮想通貨が高騰する夢があり、今ではメジャー通貨となっている、NEM(ネム)・Stellar(ステラ)もエアドロップで配布していました。

 

中でも、NEMを貰った方の中には1,560万円まで資産を増やされた方もおり注目を浴びました。

 

ただ、現在の状況とNEMが配布された時とはかなり事情も変わり同じほどの価格高騰はほぼ不可能でしょう。

 

例えば、ビットコインも最高300万倍以上になりましたが、今から同じ高騰を望んでもまず不可能でしょう。

 

エアドロップに関しても同じです、ですが、NEMのエアドロップが行われていたころは、申請方法も難しく時間も要しました。

 

1,560万円分のNEMを貰った方は、かなりの時間を使い申請を行った方です。

 

現在のエアドロップは、配布を行う企業も多い分申請方法も簡単にしています(難しいと集まらない)。

 

もちろん募集だけして配布されないこともありますし、配布されても中々上場されないコインもあります。

 

ですが事前にどのコインが高騰するか分からない以上、出来る限りエアドロップを申請しお宝にあたることを願うべきでしょう。

 

面白そうなエアドロップがありましたら、こちらでも紹介していきますのでお楽しみにしてください。

 

 

3.-2.集まらない資金調達よりエアドロップ

 

ICO(資金調達)を行っても価格割れが殆どで、詐欺行為が横行する混沌とした現状下では資金を投じる(ICOに参加)方も躊躇します。

 

上場前に通貨(トークンプロジェクトの参加者)の保有者を増やす事を目的とし、希望した人に無料で配る事をエアドロップと言い、損する人(詐欺)がなく仮想通貨(エコシステム)の思考に準ずるもので、混沌としたICOには欠かせない手法になっています。

 

ですので、仮想通貨が価格高騰時期が来るまで、出来るだけ資産を使わず無料で仮想通貨を集めることをおススメしているのです。

 

ただ分かって頂きたいのは、仮想通貨が暴落する時期であった為資産を使わずにいましたが、仮想通貨自体の利用価値がなくなったわけでは無く、逆に考えれば今が「メジャー通貨の仕入れ時」とも言えます。

 

ビットコインは終わりだ!」と言う言葉を聞く方もいるかと思いますが、ビットコインの性質上なくなることは考えにくいですね。

 

現在の仮想通貨全体の暴落で大手マイニング企業の多くが撤退を表明していますので「仮想通貨が終わり?」などと考えるのでしょうが、実際は個人にマイニングのチャンスが訪れさらに分散管理の本質が実現します。

 

高騰しすぎた価格の調整が入っているとお考え頂ければ幸いです。

 

当サイトでもいくつかのエアドロップを紹介していますが、こちらのLINEに登録頂けますと毎日のようにエアドロップの配信が行われております。

 

友だち追加
LINE ID:@mjj8553z

iPhone・アンドロイドの方はこちらでも登録できます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

是非お時間(申請は早ければ2〜3分ほどでも可能なエアドロップがあります)をお使いになり、仮想通貨を集めておいてください。

 

エアドロップをまとめたページ⇒こちらから

 

 

4.仮想通貨の将来に目を向けたニュース

 

現在でも、2019年〜2020年に向け希望が持てるニュースもたくさん流れています。

 

@:勉強すれば仮想通貨を稼げるサービス|Coinbase!

詳しくは:Coinbase公式Twitter
https://twitter.com/coinbase/status/1075485216716644352

 

Coinbase公式Blog

https://blog.coinbase.com/earn-cryptocurrency-while-learning-about-new-digital-assets-cc2df3537fc7

 

A:「ビットコインは死んだ」と言っているのは、自分の商品を売るため?

https://insight.jbs.cam.ac.uk/2018/second-annual-survey-of-global-cryptoasset-activity/

 

B:2019年、あなたがリップル(XRP)保有するべき5つの理由!

https://oracletimes.com/if-you-are-for-2019-here-are-5-reasons-ripples-xrp-should-be-in-your-wallet/

 

C:Blockstream社が18日、衛生サービスを発表!

https://jp.cointelegraph.com/news/blockstream-announces-that-it-has-expanded-its-satellite-services-to-asia-pacific-region

 

D:Bakktの承認が間もなく?ウォールストリートジャーナル!

https://www.wsj.com/articles/first-futures-contract-to-pay-out-in-bitcoin-poised-for-green-light-11545301801

 

E:【金融庁】仮想通貨→「暗号資産」に名称変更へ 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3903700017122018EE9000/

 

他にも、HuobiやBitMex取引所が、日本人向けのサービスの乗り出したのも、将来の仮想通貨に目を向けた企業の戦略でしょう。

 

 

5.最後に

 

仮想通貨は衰退していくのではなく、これからが本当に社会に浸透していくものです。

 

分かるはずもない高騰を謳う仮想通貨を購入するのではなく、実際に利用される仮想通貨を持つことで間違いなく億リ人を目指せます。

 

基本的に、市場に出回ってから価格が付くのが仮想通貨です、上場前に「高騰確実」と言うのは全て詐欺や危険なコインであると理解して下さい。

 

仮想通貨の未来は明るいと思われますので、メジャー通貨を保有することからお考え頂ければと思います。

 

まずは、取引所ランキングで口座を開設し少しでも良いので購入してみることをおススメします。

 

仮想通貨ランキング⇒こちらから

 

※初めての方は使い勝手が分からないと思いますので、やはり1位に推奨したGMOコインが良いと思いますが、口座開設だけで1,000円プレゼントされるDMM Bitcoin もおススメです(使い勝手が少し気になります)。

当サイトが案内するICOや投資案件は結果を保証をするものではありません、運用される場合は自己責任で参加されることをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加   

LINEグループ最新情報配信中!


LINEグループでは、最新の情報(ICO情報・重要事項)が配信されます(不定期)。
友だち追加

LINE ID:@mng0300h


分からない事や質問などありましたら、お気軽にLINEより連絡くださいね。

Sponsored Link

トップへ戻る