仮想通貨は保有だけで価格高騰・報酬や配当が貰え資産を増やすことが可能

仮想通貨のメリット

仮想通貨(ビットコイン)を保有するメリットを紹介

 

★ 目次 ★

 1.仮想通貨(ビットコイン)を保有するメリット

2.送金(特に海外送金)に時間が掛からない
3.手数料(特に海外送金)が僅か
4.24時間365日送金が可能
5.送受信における個人情報が特定できない
6.発行数が決まっておりインフレにならない
7.マイニングで報酬を稼ぐ事が出来る

 

1.仮想通貨(ビットコイン)を保有するメリット

 

仮想通貨を始める前に保有することのメリットを解説。

 

中央集権制(法定通貨)でないので、個人間(第三者を介する必要がない)で直接送金を行い送金手数料を大幅に省ける

 

人類において手数料と言う無駄を省くことができれば生活が改善され大きく飛躍します。

 

市場の価格高騰だけでなく、保有するだけで発生する報酬や配当例を取り上げ、2018年から始める初めての方でも資産を

 

増やし億リ人を目指す事が可能、ブロックチェーン技術を学習することで確信を持つことができるでしょう。

 

仮想通貨は保有だけで価格高騰・報酬や配当が貰え資産を増やすことが可能

 

 

2.送金(特に海外送金)に時間が掛からない

 

2018年当初、ビットコインの送金に時間がかかり使い物にならないと言われましたが、現実的に国際送金を考えると早くても5日長ければ10日ほどかかることを考えれば使い物にならないとは言えません。

 

また、ビットコインを始めとする仮想通貨で完済されたものは2018年4月時点で1つも無く、改良を重ね完成されていきます。

 

このような送金時間の問題は、徐々に解決行くはずですので、現在よりさらに利用価値は上がるものと考えられます。

 

さて、ビットコインを購入してみました、ところが購入した取引所の扱い方が難しく「他の取引所に移動したい」などとなった場合、ビットコインは簡単に移動することができます。

 

例えば、みずほ銀行に預けていたお金を、三菱東京UFJに移動するとなるとATMや窓口に行って出金し、移動して入金を行わなければなりません。

 

そもそも送金手数料が安いビットコインはネット上ですべて完結できるので、気軽に資金を移動できるのは大きなメリットでしょう。。

 

取引所やウォレット間だけでなく、個人同士の送金も可能ですので使ってみると便利なことに気づくはずです。

 

個人間送金が可能

 

 

3.手数料(特に海外送金)が僅か

 

ご存知の通り、法定通貨は各国で異なります日本円を両替使用とするととてつもない手数料がかかる場合があります。。

 

国によっては、一度ドルに交換しないと変換できない国も存在します、そうなると2度手数料を取られることになります。

 

ビットコインの場合:中央集権制(法定通貨)でないため、世界共通の通貨として使用することができ、
両替手数料などの費用は生じません。

 

日本円をハンガリーの通貨フォリント(HUF)へ両替する方法
1ハンガリーフォリント=0.42585円が通常レートの場合

 

画像

 

ravelexを利用して日本円をフォリントに変える際のレート

 

1ハンガリーフォリント=0.500円となってしまいます、なんと17%増しです。

 

10万円分を交換すると、通常レート=234,824.4687096395HUF:ravelex=200,000HUFとなり、234,824.4687096395X0.42585=14,830円も手数料がかかってしまいます。

 

少額からの送金が可能

 

 

取引所の最低取引単位

 

ビットフライヤー(bitFlyer)0.001BTC
ビットポイント(BITPoint)0.0001BTC
ビットバンク(bitbank.cc)0.0001BTC
GMOコイン0.0001BTC
DMM Bitcoin0.001BTC

 

GMOコイン・ビットポイント・ビットバンクの各販売所では、最低取引単位は0.0001BTCとなっています(2018年5月20日時点)。

 

「1BTCが100万円だと中々手が出ない」と言う声も良く聞かれますが、実際は日本円で約100円(1BTC=100万円の場合)から購入ができます。
これまであった投資(株・投資信託・FX)などと比べてもはるかに参加しやすくなっています。

 

せっかくここに来られたのですから、取引所を開設し仮想通貨を購入してみることをおススメします。

 

ここからタイトルだけ考える

 

 

4.24時間365日送金が可能

 

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、世界中で利用されています、ですので24時間・365日送金・受け取りが可能です。

 

銀行なら営業時間や休業日を気にしながら使わなけれ3ばなりません、コンビニATMがあるので先進国はそれrほど気にならないかもしれませんが。
ですが、世界を見てみると出金や送金が困難な国はまだまだたくさんあります。

 

 

5.送受信における個人情報が特定できない

 

ビットコインの取引は、個人情報を送信する必要はありません、取引に必要なのは公開鍵と秘密鍵のみです。

 

秘密鍵で署名(ウォレットにログイン)しビットコインを送付しますが、これだけでは中央集権ではないため「本当に送ったのか?」を確認する必要が生まれます。

 

ここで生まれてくるのが第三者による「マイニング」と言う作業で、あなたが送金したビットコインを承認する仕組みになっています。

 

この承認作業により「あなた」ではなく「あなたが持っているウォレットのアドレス」から確かに送金されたと言う事を承認します。

 

※ビットコインアドレスが誰のものかを特定することはできません。

 

ウォレットを作る際も送受信する際も、一切あなたの個人情報は必要ありません(メールアドレスは必要になるウォレットもあります。)。

 

※ここで注意しなければならない点は「秘密鍵はあなただけが知っている暗号鍵」です、無くしてしまうと永久に戻ってくることはありません。

 

 

6.発行数が決まっておりインフレにならない

 

ビットコインは、発行上限(約2,100万枚)が初めから決められており、発行上限に達した後は発行されません。

 

この性質(発行上限)が金(ゴールド:埋蔵量)に似ていると言われ、発行上限があるためにインフレになる可能性が低いと言われています。

 

近年では、ベネズエラ・ジンバブエなどがハイパーインフレに陥り有名になりましたが、歴史をさかのぼると、現在先進国に上げられる大国もハイパーインフレに陥ったことがあります。

 

Wikipedia⇒こちらから

 

1997年7月よりタイを中心に始まったアジア通貨危機「アジア各国の急激な通貨下落(減価)現象」のようなことが日本で起こらないのでしょうか?

 

資産をビットコインに交換しておくことで資産を守れることから、国政が不安な国の方々は利用していると言われています。

 

2017年11月に起きたジンバブエのハイパーインフレの際、資産をビットコインに交換した為ジンバブエ国内でビットコイン価格が暴騰しています。

 

 

7.マイニングで報酬を稼ぐ事が出来る

 

ビットコインを手に入れるには、通常取引所・販売所や分散型の取引所で交換することで手に入ります。

 

それとは別に、コンピュータを使ってマイニングを行うことで、ビットコインを手に入れることもできます。

 

本来マイニングは個人でも行うこともできました、しかし現在ではビットコインのマイニングの難度が向上しスーパーコンピューターをたくさん導入する大規模なマイニングプールを運営する事業者しか報酬を得れない状況となっています。

 

実質、マイニングマシンを個人で購入しても稼げなくなっているのが現状です。

 

とは言え、マイニングはビットコインだけではありません、ビットコイン以外のアルトコインでマイニングすれば報酬を得ることは可能です。

 

また、大手マイニングプールに出資しマイニング事業に参加する方法「クラウドマイニング」もあります。

 

マイニング事業を行う会社に投資することで、マイニングで受け取れる報酬を出資た分だけ受け取れる方法です。

 

殆どの事業所では、毎日のマイニング報酬が分配されるので、仮想通貨を保有して100倍・1000倍などと言う夢物語にはなりませんが、銀行に預けておいても資産は増えませんので有効な資産運用になると思われます。

 

また、個人でマイニングマシンを購入すればマシンの購入費用や電気代などがかかりますが、単に報酬だけ鵜kr取れますので、マイニング事を理解していない初心者でも始めやすい稼ぎ方です。

 

マイニング事業に参加する方法も解説していますので、是非一読ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

LINEグループ最新情報配信中!

LINEグループでは、最新の情報(ICO情報・重要事項)が配信されます(不定期)。
友だち追加

LINE ID:@mng0300h

分からない事や質問などありましたら、お気軽にLINEより連絡くださいね。
トップへ戻る